セラブライト ケミカルリペア トリートメント:縮毛矯正後のケアに


縮毛矯正後のダメージケアに期待してたのですが、使ってみたら大当たりでした。

縮毛矯正は施術後から1ヶ月も過ぎると、指通りの引っかかりが気になり始めます。毎日ケアしているつもりでも、なんとなく髪がきしんだり、硬くなってくるのが悩みです。

前回のCeraLabo@大阪・梅田蔦屋書店さんへ初めて行ってきたよから、ケミカルリペアを週1回の集中ケアで使用したところ…

まるで縮毛矯正直後のようなサラツヤ感が戻って、びっくり感動でした。

今日は「神トリ」と呼びたくなるほど気に入ってしまった、セラブライト・ケミカルリペアをご紹介します。

地肌に優しい集中トリートメント


【CeraBright】
ケミカルリペア 110g 3,000円

地肌に優しい。これがケミカルリペア(写真・右)を選ぶ最大のポイント。

補修力に特化したディープなインバスケアは、頭皮の刺激や、洗い流した時の肌への残留が気になるから、避けたいと思いがち。

でも、ケミカルリペアは地肌への優しさが徹底追及されています。皮膚刺激性を気にせず使えるんです。無香料なので、香りで気分が悪くなることもありません。

主成分に陽イオン界面活性剤は不使用。刺激になりやすい成分(重皮膜オイル・合成香料・合成着色料・鉱物油・植物エキス・精油)は無添加になっています。

セラブライトにはトリートメントが2種類あり、ノーマルのトリートメント(写真・左)も低刺激・無香料に配慮されています。

100%ノンシリコン処方


完全ノンシリコン処方の理由は、大切な補修成分ケラチン&ヘマチンの毛髪への浸透を、シリコンのコーティングが邪魔しないようにするためです。

髪の毛の内部構造はすべてケラチンで出来ていて、髪が傷む原因のほとんどはケラチンの欠損にあるそうです。

ケラチンって最近ではポピュラーな成分になっていますが、実はケラチンと一言で言っても幾つか種類があるんですね。

毛髪の内側のケラチンと外側のケラチンとでは、分子の大きさが違っていたり、水分との関係が違っていたり。

ケミカルリペアは4種類のケラチンを配合することで、様々なダメージ状態への効果が期待できるように作られています。

詳しくは下記リンクをご参照ください。セラブライトをプロデュースしている美容化学者かずのすけさんの、詳しい解説です。

ダメージケア特化の集中トリートメント 【セラブライト ケミカルリペア】 6/5発売決定です!!
ケミカルリペアは『株式会社ナプラ』様との共同開発製品です!
|かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

とても自然なサラツヤ感

私の髪は、細め・多め・硬さは普通。カラーなし。2ヶ月前に初めて縮毛矯正をかけ、その後は毎日トリートメントとアウトバスを欠かさずにいました。
くせ毛に悩んで縮毛矯正したら気持ちまで真っ直ぐになった

でも、縮毛矯正の傷みは避けられず、徐々に硬くなってくるのが悩みだったのです。

その悩みが、ケミカルリペアを使ってみると、劇的に解消。とても自然なサラサラ感です。シリコン系の不自然なサラサラ感とは全然違います。

軽すぎず重すぎず、ちょうど良く。ツヤ感までも自然です。傷んで当たり前と諦めていたのに、トリートメントひとつで、こんなにも変われるんだな。と感心するばかりです。

週に一度のスペシャルケア

私は毎週日曜日の夜に、ゆっくりお風呂に入りながら、ケミカルリペアすることにしています。

推奨使用頻度は、2〜3日に1回とか、パーマ後1週間集中とか。

平日は出来るかぎり手抜きしたい私は週一ケアですが、もちろん毎日使っても良くて、そうすると毎日サラツヤでいられると思います。

私の使用方法

プレシャンを使ってトリートメントやアウトバスの皮膜を落とした後、シャンプーをして、タオルで水分を軽く吸い取り、ケミカルリペアを塗布します。

使用量は、手のひらに 500円玉ぐらいの大きさを出すのが目安。(私の髪の長さは肩にかかるぐらい)

置き時間は 5〜10分。この間は湯船に浸かって、クレンジングオイルで毛穴ケアをしています。

38℃前後のぬるま湯シャワーでサッと流します。ノンシリコンなのでヌルヌルせず、とても流しやすいです。

アウトバスはこちらを使っています。
ナプラ【 N.(エヌドット) シアミルク】使い始めたよ

ダブルトリートメント

ノンシリコン・ノンコーティングの場合、仕上がりにボリュームが出てしまうとのことですが、ダブルトリートメントをすることで調整できます。

Wトリの方法は、ケミカルリペアを塗布した後、流さずにそのまま普段使っているトリートメントを塗布(まさにダブル)。数分置いた後に洗い流します。

私は現在、ルベル【ナチュラルヘアソープ】&【ナチュラルヘアトリートメント】を使っているので、ケミカルリペアとライスプロテインのWトリを試してみました。

結果は、しっとり重めのボリュームダウン。私には、ちょっと重すぎたみたいです。

ケミカルリペア単体で使った方が、ふんわり心地よいサラツヤを楽しめます。

おわりに

ケミカルリペアは容量少なめお値段高めですが、週一ケアだったらコスパもクリア。

なんて素晴らしいトリートメントなんだろう。毛髪補修用集中トリートメントという言葉に嘘はなかったです。

かずのすけさんのプロデュースアイテムばかりに頼るのはやめようと、常々思ってはいるけれど。

縮毛矯正をしているかぎり、ケミカルリペアは手放したくない逸品です。


CeraBright Chemical Repair|CeraLabo Online Store